好きな事を仕事にする方法

好きなことで社長になろう

好きなことや得意なことを仕事にする場合、一番近道なのが、自分の足で立って起業し、会社の社長になることです。

誰かに雇われていては、最終的には、雇い主の意向に従うほかありません。

自分の好きなことや得意なことを仕事にして、自由に生きていくためには、起業をして「小さな会社(個人事業でも可)」を作る必要があります。

ここでいうところの、「小さな会社」とは中小零細企業ではなくて自分の好きなことや生きがいを強みにした強小企業です。

自分が社長になることで、初めて好きなことや得意なことを仕事にしていけるのです。

好きなことからビジネスを構築する方法

ここで問題になるのは、どうやって、好きなことや生きがいからビジネスを構築していくかです。
ここがまずほとんどの人がぶつかる最初の壁になります。

小さな会社は、 自分の好きなこと、やりがいのもてること、こういった部分から ビジネスを構築する訳ですから、まず自分自身を知る必要があります。

そのためには、自分自身の生きてきた 歴史を振り返る必要があります。
これが、最初のポイントになります。

あとは、自分の歩いてきた足跡からビジネスのヒントを見つけていきます。

そして、次のステップとして、どのようなお客さんを対象にするかを決めていくのです。
あなたの付き合いたい顧客とは、いったいどんな顧客なのか?

それを明確にすることこそが、小さな会社を作るための重要な鍵になります。
これで、何を誰に提供するかが見えてきます。

ここまでくれば、 実はもう難しいことはありません。
あとは、ビジネスを組み立てて、そこから現実の収益モデルを構築していくだけなのです。

どのようなビジネスを選択したらいいか

さて、ここで、よくお寄せいただく質問に少し回答しておきますね。

最も多いのが
「どのようなビジネスを選択したらいいですか?」
こういうご質問です。

ここでいう、どのようなというのは、
「好きなこと生きがいなどのジャンルは見つかっているけれど、そこから どのようなビジネスにしていくか?」
という部分だと思われます。

この時に大事なのは、 自分がどのようなことをやりたいかです。

ここで言うやりたいとは、たとえば、物を作りたいのか?
何か教えたり、伝えたいのか?
人との関係を中心にしたいのか?
こういったことです。

実はここにも、その人の持つ特徴があります。

コツコツ作業をするのが得意な人
話すことが得意な人
人と会うのが得意な人

このように、その人ごとに特性がありますから、その特性に合わせた商品やサービスに していけばいいのです。

小さな会社の集客方法

次の質問ですが、
「小さな会社がどうやって集客するかを教えてください?」
という質問です。

集客方法については、いくつもの方法があります。
インターネットで調べても 数多くの集客方法が出てきます。

しかし、それらを闇雲に やっても上手くいきません。

ここで、重要になることは、どのようなお客さんなのかです。
たとえば、あなたの近所に住む人を お客さんにしたいとするなら、インターネットで集客しても効率が悪くなります。

直接、近所に訪問して歩いたほうが、よほど効率的に集客できます。

私がコンサルをさせていただく会社も、よくこういう間違いをしています。インターネットで 集客することばかりにこだわり、かえって、遠回りしている人がとても多いのです。

そうではなくて、まず誰がお客さんなのかをしっかりと考え、その人達をどうすれば 集客できるかを考えるのです。

こうすることで、集客は とても簡単になっていきます。

小さな会社を創って社長になる

さて、ここで一度、まとめてみますね。

まず、今の時代は、 時間を切り売りしていると豊かには決してなれません。

ですから、少しでも早く自分で価値を創造して、それに見合った 収入を得ることが必要になります。

そのためには、自分の好きなこと、生きがいなどから作り上げた、「小さな会社(個人事業を含む)」を作ることが もっとも近道であり適しています。

小さな会社(個人事業を含む)を作るには

(1)自分の好きなこと、生きがいを見つける
(2)それに基づく商品やサービスをどのような人に提供したいかを決める
(3)自分の得意なやり方で商品やサービスを作る
(4)その商品やサービスで現実的なビジネスモデルを作る
(5)理想の顧客がどこにいるかを考えそれにあった方法で集客する
(6)最小規模で運営できる仕組みを作る。

と、こういったステップを順番に追っていけば だれでも簡単にできます。

これらをきちっとやっていけば、誰でも好きなことや得意なことで起業して、社長になることができます。

さらに、こうして起業をすれば、好きなことや得意なことを仕事にして、好きな時に、好きな場所で、 自由に働くという誰もがうらやむ生活スタイルを手に入れることができるのです。

お金の原理幸福の原理
error: Content is protected !!