経営戦略が間違っていませんか

小さな会社の社長が学ぶべきこと

商売をやる上で、しっかりと理解しておかなければならないことは、マーケティングとセールスの役割をしっかりと区別して機能させるということです。

その為には、まず、マーケティングとセールスの定義を明確にしておく必要があります。

世の中の殆どの混乱がこの、言葉の定義を明確にしないところから、生まれてきますので、面倒臭がらずに、ぜひ、やるようにしてみてください。

マーケティングとセールスの違い

それでは、ここで、「マーケティング」と「セールス」を定義しておきます。

まず「マーケティング」とは、買いたいと思っているお客さんを目の前に連れてくることで、「セールス」とは、そのお客さんに最適な商品を差し出すことです。

「目の前に連れてくる」ということは、まずは、見込み客を集めること、さらには、見込み客に対して、話を聞いてもらえる状態を作ること、そして、見込み客自体が気づかない欲求に気づかせ、その解決として商品の説明をし、購入方法を伝えること。

ここまでの一連の流れがマーケティングとなります。

マーケティング9割、セールス1割

「セールス」は、マーケティングを行った結果、お客さんが目の前に来て、そこに、最適な商品を差し出すのです。けっして、苦労して「売り込む」ものではありません。

つまり、商売は、マーケティングが9割、セールスが1割なのです。もっと極端に言えば、マーケティングがしっかりと出来ていれば、ほとんどセールスは必要ありません。

だから、一番重要なのがこのマーケティングということになります。
もし勉強するなら、まずこのマーケティングについて勉強してください。
商売の基本は、マーケティングが全てなのです。

そして、このマーケティングは、大きな会社と、小さな会社や個人事業者では、全く違ったものになります。

小さな会社は、大きな会社のマネをすると上手くいきません。
それどころか、たいてい潰れます。

小さな会社専門のマーケティングが、『スモールビジネス戦略』です。
ぜひ、小さな会社や個人事業の経営者は、これを学んでください。

小さな会社にはスモールビジネス戦略

ビジネスにおいて、マーケティングとセールスの知識さえあれば、基本的に失敗はしませんが、しかし、どのようなマーケティング施策を取るかが最大の問題になります。

小さな会社が陥りがちなのは、大きな会社のやることをマネしようとしてしまうことです。大きな会社のマネをしてしまっては、資金力も人材も桁違いですから、あっという間に蹂躙されてしまいます。

小さな会社は、マネをするのではなく、独自のアイディアで、神出鬼没のゲリラ戦を行う必要があります。ここを間違うから、どれだけ頑張ってもうまくいかなくいのです。

まず、あなたの会社の業績を見てみてください。

もし、上手くいっていないのであれば、その理由はマーケティングが間違っている可能性が高いということです。

小さな会社は、小さい事を最大限に生かすマーケティングが必要です。

ここかきちっと理解できているかどうかが、今の業績に反映しているのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!