卓越した強み(USP)でNo.1を取る

独自の強み(USP)について

強み(USP)について考えた時に、やはり、どうしても気になるのがライバルの存在です。

どのような卓越した強み(USP)を考え出したとしても、同じような事をやっている会社は必ず存在します。
これは、間違いありません。

どんなに優れたアイディアを思いついたとしても、この世界には、同じような事を考えつくひとが、必ず存在するものなのです。

ライバルの存在を忘れないこと

どのような奇抜で斬新な強み(USP)を思いついたとしても、同じような事を強み(USP)にしているライバルが、現に存在するかどうかを考えなくてはいけません。

ただ、闇雲に、恐れることもありません。大事な事は、その強み(USP)について、あなたの設定した商圏の中で、同じ強み(USP)のメッセージを出しているライバルが存在するかどうかです。

まず、商圏の外のライバルについては、全く無視することです。それは別世界ですから、関係ありません。日本語で、ビジネスをしていたら、英語圏や中国語圏は、どうでもいいのです。

また、同じような強み(USP)であっても、強み(USP)としてのメッセージを展開していなければ、これもまた関係ないのです。

競合は発信するメッセージ上だけ

強み(USP)の競合という現象は、同一の商圏内においてのみ発生します。
そして、それが競合する場所は、メッセージ上においてだけなのです。

同じことをやっていてもメッセージを発信していなければ、それは無いものと同じだからです。
つまり、強み(USP)というのは、商圏の中の、設定した顧客ターゲットにメッセージとして発信して、初めて効果があるということです。

そして、もし誰もそれをやっていなければ、それを、あなたがやれば、一番になるのです。

何かをやって、最初にその話をしたり、理由や成り行きを説明する者が、その時から、他のライバルに、その市場で差をつけ、優位に立つことができるものです。

No1になれるように工夫する

ここからもう一つ判ることがあります。

つまり、商圏や顧客ターゲットの設定の仕方で、割と簡単にNo1を取ることが可能だということです。
自分の強み(USP)がNo1を取れるように、市場を分割したり、設定を変えていけば、No1になれるところを見つけることができます。

No1になるようにするのではなく、No1になれる場所を探すのです。

そして、No1を取れれば、あなたの会社は、大きく利益を出していくことが可能です。
強み(USP)を設定するということは、すなわちNo1になれる場所を取りに行くことと同じことなのです。

そして、それは、決して難しい事ではなく、どのように強み(USP)を設定し、発信していくかによって、誰でもNo.1になることができるということなのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!