強み(USP)を伝えるから効果がある

強み(USP)を見込客にどう伝えるか

あなた独自の強み(USP)を見つけることは、とても重要な事です。
しかし、それだけでは全く効果はありません。

最も重要な事は、それをいかに判り易く伝えるかということです。

強み(USP)は伝えることが一番大事

あなた独自の強み(USP)が決まったら、次は、それを、様々なマーケティングの場面で具体化し、メッセージを伝えていきます。
このときに、とにかく誰にでも、はっきりと解りやすくインパクトのある表現をしていくことが必要になります。

一瞬聞いただけ、読んだだけ、目に入っただけで、あなたの強み(USP)がすっと頭に入ってきて、忘れられないようにするのです。

結局のところ、どんなに素晴らしい強み(USP)があっても、それが、見込客に伝わらなければ、無いのと同じなのです。

見込客に対して、説得力のある、そして、惹きつける言葉を使い発信する。
こうすることで、初めて、あなたの強み(USP)は、効果を発揮するものになるのです。

見込客の頭の中で一番になる

全ての成功や名声、そして、富の中心には必ず強み(USP)が存在しています。

この強み(USP)をしっかりと中心に据えて発信していかない限り、見込客は、それを目にすることすらないのです。

見込客は。あなたが売っている商品を必要としたときに、この強み(USP)のおかげで、あなたやあなたの会社のことがスグに頭に思い浮かぶのです。

つまり、見込客の頭の中で一番となるということです。
一番になれば、見込客は、最初にあなたのところへ、連絡をしてきます。

このように、見込客に対して、あらゆるマーケティンを通じて、解りやすく強み(USP)を伝えれば、必ずあなたのビジネスは成功します。

コピーライティングを身につける

ただし、この時に、どれだけその強み(USP)に対する本質に迫った表現をすることができるから、伝わるための重要な条件になります。

なるべく短い言葉で、わかりやすく確実に強みを伝えること。
これが、ビジネスを成功に導く重要なパーツなのです。

よく、ビジネスには、コピーライティングが重要だと言われますが、それは、この部分のことを意味しています。

見込客に、どうすれば解りやすくあなたの強み(USP)伝えていけるか?
これが、コピーライティングの仕事です。

ですから、このコピーライティングのスキルの優劣によって、そのまま、業績の優劣が決まってきます。

強み(USP)は、全てのマーケティングの場面で伝えていく必要があるものですから、あなた自身がこのコピーライティングのスキルを身に付けていく必要があります。

だから、さな会社や個人事業の社長は、優先的にここを勉強することをお勧めするのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!