お金は必要なだけ自ずから集まる

社長が知っておくべき無所有の思想

私は、よく、小さな会社や個人事業の社長に対して

「お金についての知識を勉強する必要がある」

こういった話をします。

ここでいうところのお金の知識とは、資金繰りとか、お金の運用や投資などといったテクニカルな部分だけではなく、お金に対する思想も含まれているのです。

豊かである人とはどういう人か

「そもそも豊かであるということは、
 どういうことなんでしょうか?」

私自身がいつも、自分に問いかけるのですが、これが本当に難しいのです。

これは、あくまで私見なのですが、本当の豊かな人、つまり「富者」とは、「自由」を完全に持っているということではないかと感じます。

それは決して、「金銭」や「所有品」を沢山持っている人ではありません。

このことを理解できない人が多いために、富めば富むほど自分の心がその富に縛られて奴隷となり、かえって屈従の生活を送りながら、自分を富者だと思っている人がとても多いのです。

六本木や銀座でドンペリ空けながら、どんちゃん騒ぎしていても、いつかそれを失うのではないかと恐怖して、それを忘れたくてよけいに騒いでいるようなことです。

実際に、TVに出てきて話題になった人のほとんどが消えています。大きく成功するということは、その後失敗して転がり落ちるところまでがセットになっていたりするのです。

無所有の教え

つまり、「物を所有する利益」は「所有するために心が引っかかって自由を失う不利益」によって相殺されがちなのだということです。

「無所有」ということが仏教で尊ばれるのもそのためです。ここでいう「無所有」というのは「貧乏」ということではありません。

「貧乏」な者は、また「貧乏」を心に掴んで苦しむことになります。

「貧乏」をつかまず、「富」をつかまず、欲するにしたがって、必要なだけおのずから自由に集まってくる。

こういった状態が真の豊かさなのだと思うのです。

聖書に出てくる、「心の貧しきものは幸いである」というイエスの言葉は、この「無所有」と相通ずるものがあります。

それは、決して「貧乏」ということではないのです。

持つは持たれるということ

「持つ」ということは、「持たれる」ということでもあります。持つと、逆に持ったものに捕まるのですね。

「お金」を持つと、「お金」に持たれてしまいます。「お金」に捕まって、どこまでもお金を欲しく成ったり、「お金」を失うことに大きな恐怖を感じるようになります。

今度は、何も持たないと頑張ると「無」に持たれることになります。「無」に持たれると、全てのものを否定し、豊かであることを否定することになります。

そうなると、貧しい事を礼賛するようになっていきまます。
これはどちらもおかしいのです。

お金は必要なだけ自ずから集まってくる

私が尊敬する倉本長治氏の言葉に「店はお客様の為にある」 という言葉があります。
お金を稼ぐために行うビジネスというのは、どこまで行っても、お客様のためのものです。

あなたがビジネスを行うのは、決して自分の利益の為とか、お金を稼ぐためのとか、自分が贅沢をするためにあるのでは無いのです。ビジネスとは、お客様の為の行為です。

しかしながら、明日の支払いができなければ、倒産するという現実もそこにあります。
そこで、「無所有」なのです。

お金が必要なのは判っているけど、それにとらわれない。
倒産するという恐怖を掴まない。
すると、利益を掴まないから、かえって利益が出ます。

欲するにしたがって、必要なだけ自ずから自由に集まってくる。
こういった状態が、生まれてくるのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!