「私は素晴らしい人間だ」と言ってみる

商売の成功はセルフイメージを見直すことから

小さな会社や個人事業などの商売に巻き起こる多くの問題点は、社長のセルフイメージが原因になっている場合がほとんどです。

全ての人はネガティブイメージに囚われている

ほとんど全ての人が、自分に対してネガティブなイメージを持ってしまっています。それは、子供の頃からの教育や、育った環境に原因があったりします。

試しに自分の記憶を辿ってみると、記憶の底に沈んでいるほとんどが、嫌だったこと、恥ずかしかったこと、辛かったことなど、感情的にネガティブなものだったりします。

これは、自分にとって不快なものほど大きく反応する人間の本能的なもので、危険から身を守るための生存本能からくるものです。

だから、人間は、意識的に修正しないと、こういったネガティブなものに心の焦点を当てたまま貧弱なセルフイメージと低い自尊心に囚われてしまうのです。

商売が上手く行かない原因はセルフイメージ

どのような商売であっても、上手くいく場合と、そうでない場合の違いは、スタートダッシュができるかどうかの違いにあります。

つまり、どれだけ勢いよく、最初の一歩を踏み出していけるかで、成功するかしないかの多くが決まってしまうのです。

セルフイメージが低いと、このスタートダッシュがまずできません。
ネガティブなセルフイメージの抵抗によって、一歩踏み出す時に瞬間的に躊躇してしまうのです。

社長の低いセルフイメージが、行動を躊躇させ、判断を間違わすのです。
低いセルフイメージが行動を止めています。

セルフイメージが低いと、
「失敗したらどうしよう」
などと、否定的な考えが頭をよぎって、それが最初の一歩を踏み出すことを制限してしまうのです。

行動は、商売に限らず全ての成功の原点です。
成功できるかできないかに直結しているのです。

自分を褒める習慣があなたを成功に導く

自分を褒める習慣があなたを成功に導く

こういった低いセルフイメージを修正するためには、努めて自分を褒めるようにすることです。

具体的には、毎朝、鏡の前に立って、
「私は素晴らしい人間だ」
と大声で言ってみるのです。

もちろん、そんなことをしたら、落ち着かない気分になったり、急に恐ろしくなったりするかもしれません。しかし、それはごく普通の反応のです。

これを何度も繰り返しているうちに、自分自身や、人生一般に対しての感じ方が、徐々に変わっていくのに気が付くはずです。

これを、毎日300回くらい唱えたり書いたりすることで、セルフイメージを変えていくことが可能になります。

そして、誰かに褒められたら、素直に 「ありがとう」 と言うようにするのです。
決して、相手の言葉をさえぎって 「大したことじゃないよ」 などと、言ってはいけません。

あなたには、褒められる資格があるし、愛され、幸せになる資格があるのです。

商売の秘訣は過去も未来を手放すこと

たとえ何が過去にあったにせよ、あなたは過去を手放すことです。
低いセルフイメージの根底には、過去の苦しかったり辛かったりした記憶があります。

過去は、「今の心」が摑まえるからこそ、悩みの元になってくるのです。
しかし、「今の心」が摑まえない限りは、あなたを捕まえて悩ませることは決してできないのです。

また、何が未来に起こるにしても、未来は、今だ来たらざるものであって、「今の心」がそれを掴まない限り、あなたを悩ますことはできないのです。

だから、過去のことに思い煩わず、未来のことに取越し苦労することはないのです。

過去も未来もつかまずに、今だけを見ることです。
この習慣だけが、ネガティブなものを消していくことができるのです。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!