社長の交友関係が会社の運を決める

小さな会社では社長の運が業績を左右する

世の中には、確かに、「運がいい」とか「運が悪い」とか、こういうものがあります。
これは、個人にもあるし、家族にもあるし、会社にもあるのです。

社長の運気が商売を左右する

小さな会社にとって、社長の運気はとても大事になります。
なぜなら、社長の運がそのまま、業績に影響を与えたりするからです。

運気の悪い時には、考えることがことごとく失敗したりします。
逆に、運気の良い時には、何もしていないのにお客さんが溢れかえったりします。

だから、小さな会社の社長は、少しでも運気をよくする努力をする必要があるのです。

そして運気は、誰でも意識的に良くすることができます。
この方法を知っているかどうかで、数年後の未来が劇的に変わります。

社長の「運がいい」と「運が悪い」

運気の基本は、個人の運気にあるのですが、それが、会社や会社のような集合体になると、その集合体全体の運気となります。

たとえば、金運がいい人が全員そろった会社は、やはり金回りが良くなります。
反対に、金運が悪い人ばかりがそろった会社は、資金繰りが悪化します。

会社の運気いうのは、個人の運の集合体なのです。

もちろん、全員の運気が均等に影響するわけではありません。
社長の運が一番大きな影響を会社に与えます。

会社の役職が高くなればなるほど、会社の運に与える影響が大きくなるのです。
つまり、会社の業績は、社長の運に最も影響され、一般社員の人は、その運の波に翻弄されるということです。

乗っている船の舵を握っているのは誰なのか

たとえば普通のサラリーマンの人は、自分の金運が良くても、収入が増えることはありません。

もちろん、副業やっていれば別ですし、宝くじに当たるかもしれません。
それは、個人の金運の範疇です。

しかし、中心になる収入は、金運が良くても上がりません。
反対に金運が悪くても下がりません。

社長であるあなたの金運が、たとえ最高の状態にあっても、日本の景気がどん底だったとすると、やはり、業績が上がらず収入が下がるかもしれません。

それを決めるのは、あなたの運ではないからです。

もし、社長の運が最悪だったとすれば、従業員がいくら頑張っても、会社が倒産するかもしれません。

あなたが乗っている船の舵を握っているのは、あなたではないからです。

運気の3つの状態

運気というのは、根本的な事を言えば、
上昇しているのか?
下降しているのか?
または、平衡状態なのか?
この3つです。

運気が上昇しているときは、物事がだんだんうまくいくようになります。
運気が下降しているときは、だんだんうまくいかなくなります。
平衡状態のときは、何をやっても結果が出ず、変化が起きません。

この3つが振り子のように行き来します。

上昇し続けるとあるところで平衡し、下降を始めます。
下降し続けると、やはりあるところで平衡し、上昇を始めます。

運気というのは、この繰り返しです。

社長の交友関係が成功のカギ

人の持つ運は、あくまでもその人個人にしか影響を与えません。
あとは、その人が、周りにどういった影響力を持っているかで変わるのです。

社長だったら、会社やその従業員に、さらには、取引先に影響を及ぼします。
しかし、専業主婦だとしたら、その影響範囲は著しく狭くなるのです。

さらに、運気は、他人の影響を強く受けていきます。

自分の運を良くしたいのであれば、なるべく運のいい人と付き合うことです。
そうすることで、自分の運気を他人の運気で補うことができるようになるのです。

つまり運を良くする為には、まず交友関係を見直し、誰と付き合うかをコントロールすることが、成功のカギと言ってもいいのです。

運気の基本法則は、運のいい人と一緒にいると、運がよくなっていくし、運の悪い人と一緒にいると確実に運が悪くなるということです。

そして、誰とでも仲良く付き合っていくということは、それらの人の平均的な運気になってしまうのです。

ぜひ、あなたの交友関係や人間関係を、一度見直してみてください。

もしかしたら、そこに、あなたの足を引っ張っている人が存在しているかもしれません。そういう人とは、なるべく遠ざかったほうが、運気が良くなるし、物事がなぜか、うまく運ぶようになります。

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!