私が小さなお店や個人事業にこだわる理由

 

日本の99.7%と言われる中小零細企業は社員が家族です。
100人を超える家族もあれば、たった2人だけの家族かもしれません。
その家族を守るために中小零細企業の経営者は、皆命をかけています。
私はそんな小さなお店の経営者が大好きです。

 

売上の不振に悩み、資金繰りに苦しむ。
そして眠れない毎日が続く。
最後には自分の命と引き換えにしてでも社員を守ろうとする。

 

私はそんな経営者を心から応援したいのです。
そんな思いで私は小さなお店や会社、個人事業の応援をさせていただいています。


西暦

井上 剛(ごう) 略  歴

1959年

静岡市に生まれる

1982年

大学卒業後、実家の焼肉店が経営不振のため立て直しのため後を継ぐ

1983年

焼肉店を韓国宮廷料理の店としてコンセプトを変更
雑誌などに紹介され話題になる。行列ができる店に

1984年

同じ建物にあった喫茶店が経営不振に陥り頼まれて買取る。
喫茶店の再建に取り組む
“商業界”に参加し小売店経営を学ぶ

1985年

ランチが美味しい店というコンセプトで喫茶店が繁盛店に
“お金儲けの神様”邱永漢氏の主宰する邱友会に加入し、不動産と株式投資を邱永漢氏より学ぶ

1986年

不動産投資を開始。
西新宿にマンションを購入、その後都庁移転が決定
バブルの恩恵を受ける

1988年

不動産業を開業

1989年

地上げによる立ち退きで、飲食店2店舗とも閉店

1990年

自社ビルを静岡市本通に完成
不動産業を開業
福祉法人と特別養護老人ホームの設立を主導

1992年

データー別型マーケティングで不動産業の売上を一気に伸ばす

1995年

香港の不動産に投資(1年後売却)

1998年

神田昌典氏の「顧客獲得実践会」に参加

1999年

不動産業にダイレクトレスポンスマーケティングを導入
25年囲い込み戦略を策定しニュースレターを発行開始
コンサルティング案件が増え始める

2002年

資産を効率的に利用しながら事業再建をおこなうコンサルティングを開始
マーケティング研究会を発足

2005年

コンサルティングの売上が不動産業の売上を上回る
これを機に不動産業を廃業、事業をコンサルティング専業に変更

2006年

インターネットを使ったマーケティングを開始
ネットオークションで月50万円を売り上げる

2008年

PPCによる物販アフィリエイトを開始
毎月80万円を超える成果を出す

2010年

日本スモールビジネス協会を設立。会長に就任
スモールビジネスコンサルタントの養成を開始

2011年

40人以上のスモールビジネスコンサルタントを養成

2014年

小さな会社の為の『スモールマーケティング実践会』を主宰
起業を目指す人、小さい会社の経営者を中心にマーケティング知識とスキルの普及を行う

 

現在までの主なクライアント先業種

 

広告代理店、イベント企画会社、印刷会社、健康食品販売会社、ネットショップ、歯科医院、
飲食店、パブ、タレントプロダクション、不動産業、不動産賃貸業、ソフトウェア会社 など多数