物事にはその各々場合や人においてうまくいく時機が存在する

うまくいかない時は時機が来ていない

今、何かが上手くいっていないということは
まだ、その時機ではないということです。

物事で大事なことはタイミングです。

どんな物事であれ
上手くいくタイミングであれば
自然と結果が出ます。

しかしこれが、その時機ではないと
どれだけ頑張ったとしても
なかなか上手くいきません。

何かが上手くいかない場合には
はたして、それは、今のタイミングなのかを
一度、よく考えてみることです。

これを知るだけで心に
余裕が生まれます。

そうすれば、肩の力が抜けて
不思議と事態が好転したり
することもあるのです。

何事にも時間による熟成が必要

そもそも、多くの物事には、熟成する時間が必要です。この熟成による成長を信じることができない人は、成果を手に入れることができません。

焦って結果を求めてばかりいると結局、何も手に入れられなくなるのです。

根が張っていないのに、芽が出たからといって引っ張ったら枯れてしまいます。
時間という熟成期間が、物事を素晴らしく成長させ変化させることを私たちはもっと知るべきなです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!