何かに躓くのは考え方を変える暗示である

躓いた時は考え方を変える

物事がうまくいかない。
問題が起こる。

こういったときには
最初に自分の考え方が
間違っていないかどうか
確認する必要があります。

往々にして、基本の考え方が
間違っていると、問題が大きく発生します。

これを解決する為には
その元凶となっている自分の考え方を
変える必要があるのです。

だから、問題が起きたとき
躓いたときは、むしろ根本を見直す
いい機会でもあるのです。

世の中の全ては完全にバランスしている

予想もしなかった問題が起こった時に、後から考えてみれば、それが人生の岐路であったということがあります。これは、その場ではなかなか解らずに、後から気が付くものです。

後から振り返ってみると、そこでのヒントや行動が、後の大きな発展につながっていたりします。人生は、起きたことを前向きに受け止め、そこから、進んでいくことで新しい何かが生まれるのです。

問題が起きた時には、そこには、必ずチャンスの芽が埋まっていることを忘れないようにしてください。

世の中の全ては完全にバランスしています。

悪いことには、それと同じだけの良いことが、かならず同時に存在します。そこを、しっかりと見抜けるかどうかが、人生に大きく作用していくのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!