失敗をしない人などいない

失敗をしないことのほうが問題

失敗をしない人間は
この世に存在しません。

誰であっても、何かをすれば
必ず失敗することがあるのです。

失敗しないということは
何もしないということです。

何もしないことは
失敗しないことより
むしろ問題なのです。

全ての成功の陰には
必ず失敗があります。

その失敗があるからこそ
それを乗り越えたところに
全ての成功があるのです。

失敗しないことをむしろ恐れよう

多くの人は、失敗した時に後悔し、できたら失敗しないようにと考えます。しかし、本当は、失敗することを恐れるのではなく失敗しないことを恐るべきです。失敗したということは、少なくとも、チャレンジした証拠だからです。

チャレンジしないということは、人間にとって緩やかな衰退を意味しています。人間は、チャレンジと失敗を繰り返しその先に成長と成功が存在するのです。人間は、誰でも失敗をします。失敗をしない人間はこの世にいません。問題は、失敗した時の態度なのです。

失敗を後悔し悔やむのではなく、そこから、何かを学びとり、次につなげるかということです。こうすれば、失敗は失敗ではなく次の成功の為の階段になっていくのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!